設備

 

The LEA Team

企業の社会的責任 (CSR)

LEA Corporate Social Responsibility

“…we are glad and blessed to be able to share our knowledge with those in less fortunate situations.. From improvement on our services and programmes, to helping the communities around us, we continue to seek out ways to enrich the lives of those around us….” Jerold Yap, Managing Director of LEA LEAの企業の社会的責任(CSR)の目標は、社会環境やステイクホルダーに対しての責任に取り組むことです。LEAでは、LEAの生徒やステイクホルダーが教育を通じて社会的に責任持つ人々となるよう、良い面を育み、伸ばします。 LEAのステイクホルダーが人々やコミュニティに貢献することができるよう、CSRは、LEAの年次計画に組み込まれています。会社の成功を確実にする過程において、LEAは高齢者、恵まれない子供たち、孤児、障害者などの社会的弱者のコミュニティの生活にも関わっていきます。 LEAでは、私たちが人々の人生を変えられると信じており、こうしたコミュニティのために立ち上がる会社や個人がもっと増えることを願っています。私たちと力を合わせて、よりよい場所を創造していきましょう。

生徒の声

What others have to say about LEA English Centre. These are our students testimonial. For us to improve ourselves continuously, we open our ears to our students. LEAイングリッシュセンターに寄せられた声をお聞きください。 こちらは、生徒の声です。継続して向上していくために、当社では生徒の声に耳を傾けています。

The LEA

提携大学

LEAイングリッシュ・センターは、マレーシアの多くの評判の高い機関から評価を受けています。LEAのレベル10は、学士、さらには修士レベルに入学する際、直接入学資格として使用することができます。                                                               

マレーシア留学

マレーシアは、世界各国の人々にとって、教育の中心となってきました。マレーシア留学の主な魅力のひとつとして、特に、イギリスやアメリカと比較して、学費や生活費が比較的手ごろであることが挙げられます。しかしマレーシアには、予算面以外にも多くの価値があります。マレーシアの全教育機関は、マレーシア文部省の品質管理機関や適切な法律(1996年教育法、1996年非公式高等教育機関法、2007年マレーシア資格機構法など)を通じて、マレーシア文部省によって厳重に監視されています。 アジアの英語力は、マレーシアでは高い一方、ベトナムやインドネシアではとても低く、そのレベルは国によって大きく異なります。マレーシアは世界で9位にランクされているため、コミュニケーションもしやすく、また、授業は英語で行われていますので、ご安心ください。マレーシアで留学生活を送る際、旅行をしたり、シティの中を移動することがとても簡単になります。 マレーシアのGDPは5%を超えており、経済的にも発展しています。首都であり金融の中心地でもあるクアラルンプール、そして行政新首都であるプトラジャヤは、インフラの面でもとても発達しています。マレーシアは経済的にも安定しており、重大犯罪率も比較的低くなっています。 また、マレーシアにはアジアでも有数のエキサイティングな都市、美しい景観、世界有数の文化多様性のある社会があります。都市の生活も、郊外の生活もどちらも感じることができます。クアラルンプールは、エネルギッシュな大都市で、東南アジア最長の超高層ビルが自慢です。オランウータンの聖域や熱帯雨林から、美しいビーチや島まで、さまざまな景観が楽しめます。人々がフレンドリーで平和に暮らし、国際的な環境にもある多文化の国民にご期待ください。

取締役

LEA Managing Director

当社にはいくつかの部門があります。LEAエデュケーションは、東南アジアでも有数の企業へと急成長しつつあります。当社は、イギリス、中国、インドネシア、韓国で投資をしており、サウジアラビア、インド、イラン、カザフスタン、イエメンでもパートナーシップを築いています。 人材資源、財政資源、知的資源、社会資源は常に当社の成長と成功を支える4つの大きな柱となってきました。現在はミクロな管理や取引において、会社を強化する財政革新に目を向けています。マクロレベルでは、